ペット葬儀:常福寺沿革
墓地・永代供養のご案内

ペット葬儀・供養のご案内

ペット葬儀-ペット霊園【動物供養協議会】

当山は、山号を「法立山」寺号を「常福寺」と称し、室町時代の永正8(1511)年8月、浄徳院日立上人により浅草新鳥越の地に創建される。

その後、江戸幕府の宗教政策により同吉野町(現在の台東区今戸)に移転したが、大正12年9月の関東大震災により寺宝等ことごとく全焼するが、昭和3年3月都市計画により現在の地、世田谷区北烏山に移転再建され現在に至っている。
境内には藤棚とタヌキの置物「通称タヌキ寺」があり、参詣者の心を和ませている。


今月のことば

平成三十年七月

法華経の故に
誤たるる人は一人もなし

南條兵衛七郎殿御書

この御書は南條兵衛七郎氏に宛てられたお手紙です。
南條氏自身は以前より法華の信徒でしたが、念仏宗の家族の勧めにより信心が揺らいでおりましたので、病気見舞いを兼ねて5つの要素から法華の教えを説かれておられます。
御書後半にはお手紙を出された前月にあった四大法難の一つ、小松原法難の際の光景がしたためられ、迫害に遭っても信仰を持ち続けることが大切であると説かれています。

この一節では前後も含めて、「此の経は如来の現在すら怨嫉多し況や滅度の後をや」「一切世間怨多くして信じ難し」等、法華経中にも法華の信徒は迫害されるという記述があることに触れられた上で、「日本には法華経を読み、学ぶ人こそ多いが、法華経刀信仰が故に迫害された人は一人もいない。
多くこ法華の修行者は名ばかりで、本当の意味で経文を読まない。
ただ、日蓮一人が法華経を読んでいる。法華経に。我身命を愛しまず但無上道を惜しむ”とあるのがこれである。
されば日蓮は日本第一の法華の行者である」と法華の信徒としての自覚と心構えを説いておられます。


当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.
PR:LINK