ペット葬儀:常福寺沿革
墓地・永代供養のご案内

ペット葬儀・供養のご案内

ペット葬儀-ペット霊園【動物供養協議会】

当山は、山号を「法立山」寺号を「常福寺」と称し、室町時代の永正8(1511)年8月、浄徳院日立上人により浅草新鳥越の地に創建される。

その後、江戸幕府の宗教政策により同吉野町(現在の台東区今戸)に移転したが、大正12年9月の関東大震災により寺宝等ことごとく全焼するが、昭和3年3月都市計画により現在の地、世田谷区北烏山に移転再建され現在に至っている。
境内には藤棚とタヌキの置物「通称タヌキ寺」があり、参詣者の心を和ませている。


今月のことば

平成二十九年十二月

口に妙法をよび奉れば
我が身の佛性もよばれて
必ず顕れ給う

法華初心成佛抄

この御書は、駿河国岡宮(静岡県沼津市)に住む妙法尼に与えられた書です。
岡宮妙法尼は、夫や兄に先立たれながらも日蓮犬聖人に帰依し続け、純真な信仰を貫いた女性で、日蓮人聖人は妙法尼の法華経信仰についての質問に、本書で丁寧に答えておられます。

日蓮大聖人は「我が己心の妙法蓮華経を本尊とあがめ奉りて、我が己心中の仏性・南無妙法蓮華経とよびよばれて顕れ給う処を仏とは云うなり。讐えば寵の中の鳥なけば、空とぶ鳥のよばれて集まるが如し。空とぶ鳥の集まれば龍の中の鳥も出でんとするが如し。口に妙法をよび奉れば、我が身の仏性もよばれて必ずあらわれ給ふ」と記され、「空とぶ鳥と龍の中の鳥」との比喩を用いて、御本尊に向かい「南無妙法蓮華経」と自分の口で妙法を唱えることにより、自分か本来持っている仏性が呼応してあらわれ、諸仏、諸天は、私たち衆生を必ずお守りくださると説かれています。
私たちは今こそ、一切衆生成仏のお題目を純心に信唱精進してまいりましょう。


当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.
PR:LINK