ペット葬儀:常福寺沿革
墓地・永代供養のご案内

ペット葬儀・供養のご案内

ペット葬儀-ペット霊園【動物供養協議会】

当山は、山号を「法立山」寺号を「常福寺」と称し、室町時代の永正8(1511)年8月、浄徳院日立上人により浅草新鳥越の地に創建される。

その後、江戸幕府の宗教政策により同吉野町(現在の台東区今戸)に移転したが、大正12年9月の関東大震災により寺宝等ことごとく全焼するが、昭和3年3月都市計画により現在の地、世田谷区北烏山に移転再建され現在に至っている。
境内には藤棚とタヌキの置物「通称タヌキ寺」があり、参詣者の心を和ませている。


今月のことば

平成二十八年八月

目連が色心
仏になりしかば父母の身もまた仏になりぬ

盂蘭盆御書

この御書は治部房日位の祖母への手紙で、米や野菜などが届けられたことへのお礼と、孟蘭盆の由来を書かれたものです。
孟蘭盆とは、お釈迦様の十大弟子の中で神通第一と言われた目連尊者という人が、樫貪(物を惜しんで他人に与えないこと)の罪で餓鬼道に生まれ変わった母、青提女を救うためにお釈迦様の教えに従い、7月15日に十方の僧侶に飲食物を供養し布施を行い法会を修したことが始まりといわれています。

また、日蓮大聖人は法華経にて目連尊者が未来に多摩羅践栴檀香仏として成仏することを根拠として「目連の色(肉体)心(精神)は父母が遺してくれたものである。 したがって目連が仏と成ったのならば、父母の身も同時に仏に成るのである」と説かれました。
日蓮大聖人はこの御書の結びで、「あなたは孫である治部房を法華経の僧侶として育てあげ、その孫の行者に導かれて仏の道を進んでおられる」と激励されています。
日々、真心を込めた南無妙法蓮華経でご先祖様の供養をしましょう。



当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.
PR:LINK