ペット葬儀:常福寺沿革
墓地・永代供養のご案内

ペット葬儀・供養のご案内

ペット葬儀-ペット霊園【動物供養協議会】

当山は、山号を「法立山」寺号を「常福寺」と称し、室町時代の永正8(1511)年8月、浄徳院日立上人により浅草新鳥越の地に創建される。

その後、江戸幕府の宗教政策により同吉野町(現在の台東区今戸)に移転したが、大正12年9月の関東大震災により寺宝等ことごとく全焼するが、昭和3年3月都市計画により現在の地、世田谷区北烏山に移転再建され現在に至っている。
境内には藤棚とタヌキの置物「通称タヌキ寺」があり、参詣者の心を和ませている。


今月のことば

平成三十年四月

南無妙法蓮華経と唱えたてまつるを
信心とは申し候なり

妙一尼御前御返事

日蓮大聖人の優しさと気遣いが込められた一文です。
しっかりとした信仰があれば、親が子どもを捨てないように、夫が妻を思うように、亡くなってもなお信仰でつながることができるとを言われております。
しかし、「信仰」といっても本当は簡単なものではありません。
今の世の中、同じ「南無妙法蓮華経」と唱えても中身が大きく違っている宗教団体もありますし、多くの宗派があります。
初詣には神社行く人もいますし、ありとあらゆるものがごちや混ぜになっています。

そんななかで顕本法華宗は『法華経』、そして日蓮人聖人の教えを守っております。
混沌とした世の中だからこそ、信を持ってお題目をお唱えしなければいけないのです。
仏教の言葉に『身』『口』『意』というものがあります。
心で思ったことが口を通して表に出る、そしてそのことが身に現れるということです。
心から幸せを願い、お題目を口で唱えることで、皆様にいいことが形としてあらわれてくることでしょう。


当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.
PR:LINK