ペット葬儀:常福寺沿革
墓地・永代供養のご案内

ペット葬儀・供養のご案内

ペット葬儀-ペット霊園【動物供養協議会】

当山は、山号を「法立山」寺号を「常福寺」と称し、室町時代の永正8(1511)年8月、浄徳院日立上人により浅草新鳥越の地に創建される。

その後、江戸幕府の宗教政策により同吉野町(現在の台東区今戸)に移転したが、大正12年9月の関東大震災により寺宝等ことごとく全焼するが、昭和3年3月都市計画により現在の地、世田谷区北烏山に移転再建され現在に至っている。
境内には藤棚とタヌキの置物「通称タヌキ寺」があり、参詣者の心を和ませている。


今月のことば

平成三十年五月

願わくば一切の道俗
一時の世事を止めて
永劫の善苗を植えよ

守護国家論

日蓮大聖人の我々に対する未来永劫刀幸せを願われていることが伝わる一文であります。
我々は寺に参詣する際、構えが立派な本堂で、たくさんのお坊さんが豪華な着物を着て、にぎやかな法要をしていればありかたいと思ってしまいがちです。
さらには、本宗では否定されている『法華経』とは本来関係がない木剣を振る行為や、九識霊断のような怪しげな占いや祈祷を信じ切ってしまい自分を見失う人もいます。
その場しのぎの信仰や、場当たり的な説教というものは所詮長く人を幸せにはできません。

日蓮大聖人は、一時しのぎの信仰ではなく、未来までも子々孫々幸せになれる『法華経』の大切さを伝えられているのです。
そして二陣三陣と子孫に繋げるためには、自分自身の、正しい信仰の態度が求められるのです。
平成三十三年日蓮聖人ご降誕八〇〇年に向けて、まずは『心の宝』を読んでおられる皆様とともに正しい信仰の苗をいろいろな場に植え、そして増すことができたならばこれほど嬉しいことはありません。
未来に花咲く信仰のため、今、我々ができる限りのことをしてまいりましょう。


当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.
PR:LINK