ペット葬儀:常福寺沿革
墓地・永代供養のご案内

ペット葬儀・供養のご案内

ペット葬儀-ペット霊園【動物供養協議会】

当山は、山号を「法立山」寺号を「常福寺」と称し、室町時代の永正8(1511)年8月、浄徳院日立上人により浅草新鳥越の地に創建される。

その後、江戸幕府の宗教政策により同吉野町(現在の台東区今戸)に移転したが、大正12年9月の関東大震災により寺宝等ことごとく全焼するが、昭和3年3月都市計画により現在の地、世田谷区北烏山に移転再建され現在に至っている。
境内には藤棚とタヌキの置物「通称タヌキ寺」があり、参詣者の心を和ませている。


今月のことば

平成二十八年十二月

法華経を信ずる人は冬のごとし
冬は必ず春となる


この御書は身延山から、篤信者の妙一尼へ宛てられたものです。
また、妙一尼の夫も熱心な信仰者でしたが、日蓮大聖人の佐渡配流中に法華信仰上の事件により殉教したといわれています。
日蓮大聖人は、夫を亡くし、自分も健康とはいえない状態で、病気の幼い男児と女児をかかえる妙一尼の苦労や不安を慰め、亡き夫が妻子を守護してくれていると励ましながら、厳しい法華信仰に対する弾圧に負けないように次のように諭しました。

「法華経を信じている人は寒い冬のようである。冬は必ず花の咲く春となる。冬が秋に逆戻りしたということを、まだ聞いたことがないでしょう。それと同様に法華経を信仰するものが成仏せずに凡夫のままでいることはありません。だから法華経の方便品第二にも『若し法(法華経)を聞く者あれば、一人として成仏しないことはない』と説かれているのだ」

この日蓮大聖人のお言葉は単に不退転の法華信仰を勧めるだけではなく、日々の生活においても困難な事態が起こった時の励みとなるのではないでしょうか。



当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.
PR:LINK