ペット葬儀:常福寺沿革
墓地・永代供養のご案内

ペット葬儀・供養のご案内

ペット葬儀-ペット霊園【動物供養協議会】

当山は、山号を「法立山」寺号を「常福寺」と称し、室町時代の永正8(1511)年8月、浄徳院日立上人により浅草新鳥越の地に創建される。

その後、江戸幕府の宗教政策により同吉野町(現在の台東区今戸)に移転したが、大正12年9月の関東大震災により寺宝等ことごとく全焼するが、昭和3年3月都市計画により現在の地、世田谷区北烏山に移転再建され現在に至っている。
境内には藤棚とタヌキの置物「通称タヌキ寺」があり、参詣者の心を和ませている。


今月のことば

平成三十一年二月

一豆を法華経になげぬれば
法界みな蓮なり

大豆御書

このご遺文は信徒から大豆一石をご供養された日蓮大聖人が、お礼として古かれたものです。
「一滴の水であっても、大海に落とし込めば、世界を滅ぼすような人災にあってもなくならず、一輪の花であっても、天上の五浄居天に捧げれば、劫火にあってもしぼまないように、小さなものでも、偉大なものに寄り添うことで、その大きな加護を得られる。
一粒の大豆であっても、法華経にお供えすれば、蓮華となって世界を仏国土へと変ずる。
これをお供えされたあなたも、法華経の絶大な功徳を得られることは間違いない」とご供養への感謝と、法華経を供養することの功徳の大きさをお説きになられ、それを讃えておられます。

信心を以て法華経をお唱えすれば、必ず果報があり、私たち白身も、ご家族を始めとした周囲の方々も、ご先祖も、誰もが仏様になれると法華経には説かれております。
そうして、私たち法華の信徒一人ひとりが正しい信仰を持つことにより、私たちの生きるこの世界を仏様の世界である仏国土に変えることが、大聖人の仰られる法華の行者がお釈迦様から授けられた使命なのです。


当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.
PR:LINK