ペット葬儀:常福寺沿革
墓地・永代供養のご案内

ペット葬儀・供養のご案内

ペット葬儀-ペット霊園【動物供養協議会】

当山は、山号を「法立山」寺号を「常福寺」と称し、室町時代の永正8(1511)年8月、浄徳院日立上人により浅草新鳥越の地に創建される。

その後、江戸幕府の宗教政策により同吉野町(現在の台東区今戸)に移転したが、大正12年9月の関東大震災により寺宝等ことごとく全焼するが、昭和3年3月都市計画により現在の地、世田谷区北烏山に移転再建され現在に至っている。
境内には藤棚とタヌキの置物「通称タヌキ寺」があり、参詣者の心を和ませている。


今月のことば

平成三十一年一月

法華経の行者の祈の
かなわぬ事はあるべからず

祈祷抄

法華経は実大乗といい、一切が教われるお経であります。
二乗(小乗仏教)の阿羅漢や諸菩薩、諸天善神が法華経によって救われており、その恩に報いるため、諸菩薩や諸天は必ず法華の行者を守護し、その祈りを叶えようとするのです。
潮の干満がなくなったり、日が西から昇ったりするのは、いずれもあり得ないようなことですが、法華経の行者の祈りが叶わないということは、それにも増して絶対に起こり得ないことであると、法華経の利益が確実であることを日蓮大聖人はこの一文でお説きになっておられます。

お釈迦様が法華経以前にお説きになったお経を爾前経といい、爾前経の教えは権大乗で、法華経に至るまでの仮の教えであると法華経には説かれております。
本当の悟りは法華経の教えにこそ説かれてあり、諸経の中心である法華経を差し置いて、爾前経の祈りをあげることは、祈る僧にとっても、祈らせる国主や信徒にとっても、かえって罪になり、正しい信仰とご利益は、法華経によってのみもたらされることを犬聖人はお説きになっておられます。


当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.
PR:LINK