ペット葬儀:常福寺沿革
墓地・永代供養のご案内

ペット葬儀・供養のご案内

ペット葬儀-ペット霊園【動物供養協議会】

当山は、山号を「法立山」寺号を「常福寺」と称し、室町時代の永正8(1511)年8月、浄徳院日立上人により浅草新鳥越の地に創建される。

その後、江戸幕府の宗教政策により同吉野町(現在の台東区今戸)に移転したが、大正12年9月の関東大震災により寺宝等ことごとく全焼するが、昭和3年3月都市計画により現在の地、世田谷区北烏山に移転再建され現在に至っている。
境内には藤棚とタヌキの置物「通称タヌキ寺」があり、参詣者の心を和ませている。


今月のことば

令和元年七月

花は根にかえり 真味は土に止まる
報恩抄

この御書は、日蓮大聖人が五十五歳の時の身延山での著作で、死去した清澄の旧師・追善房に対する報恩感謝追善回向(ほうおんかんしゃついぜんえこう)のために撰述し、兄弟子であった浄顕・義浄の両名に送り、師の墓前で読誦せしめたものです。
この一文は、「末法における法華経の流布は断然信じられるべきこと、このような尊い法華経を身をもって弘通してきた私・日蓮の弘教の功徳は実に広大であるが、自分がこのような功徳を積む身となったのはその昔、師こ退善御房の下へ入室したがためであるから、咲く花も散っては元に帰って根をやしなうように、日蓮の法華経弘通の功徳は、師の御身に帰って必ず成仏あそばされることでありましょう」と本書の結びの一部に著されました。

大聖人の末法における法華経の行者としての歴史的立場こそ著書の題名「報恩」(恩に報いる)の大道の体現実践であって、この功徳のすべてが恩師追善房の身に集まるものであるとここで結ばれています。
報恩の大事を記し、弟子の日向上人を使いとして、清澄山のかつての兄弟子浄顕・義浄を訪ね、師の墓前にささげられたのが本書です。


当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.
PR:LINK