ペット葬儀:常福寺沿革
墓地・永代供養のご案内

ペット葬儀・供養のご案内

ペット葬儀-ペット霊園【動物供養協議会】

当山は、山号を「法立山」寺号を「常福寺」と称し、室町時代の永正8(1511)年8月、浄徳院日立上人により浅草新鳥越の地に創建される。

その後、江戸幕府の宗教政策により同吉野町(現在の台東区今戸)に移転したが、大正12年9月の関東大震災により寺宝等ことごとく全焼するが、昭和3年3月都市計画により現在の地、世田谷区北烏山に移転再建され現在に至っている。
境内には藤棚とタヌキの置物「通称タヌキ寺」があり、参詣者の心を和ませている。


今月のことば

令和元年五月

それ国は法によって昌え
法は人の因って貴し

立正安国論

日蓮大聖人の時代の鎌倉は、地震や台風等の災害や、飢饉・疫病が巷に溢れ、大勢の死者が出て大変世の中が乱れておりました。
立正安国論は、旅客と主人の問答によって、災難の原因を探り、いかにして治めるべきかが説かれる大聖人の著作の中でも最も重要なものの一つです。
大聖人はこの御書において、正しい仏教、即ち法華経が信仰されていないことが災難の原因であると説かれました。

カレンダーの一節は旅客が主人に対して、「考えてみれば、国は仏法によって繁栄し、仏法は人によって尊ばれる。国も滅び、人も死に絶えれば、誰が仏を崇め、誰が仏法を信ずるのか。まずは国家の安穏を祈ってからの仏法の流布を計るべきである。もし災難を消し止める方法があるならば、聞かせていただきたい」と、当時鎌倉を覆っていた災難を治める方法を問うているところですが、その方法こそは法華経を信仰することであります。
国家の安定も、我々個人の安穏も、正法である法華経や木仏であるお釈迦様を信じることによってなされるのです。


当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.
PR:LINK