ペット葬儀・供養のご案内


納骨供養

四十九日忌(中陰(ちゅういん))供養のおはなし

人が亡くなった時と同様に動物にも四十九日忌のご供養というものがあります。
死後四十九日の間は、次の生に生まれかわる大切な時とされ、七日ごとに追善供養をつとめます。
初七日忌から始まり、七週目におつとめする七七日忌(四十九日忌)が葬儀全般の総仕上げとなる供養です。
この間は家にいらっしゃいますので生前と同様に食べ物やお水をお供えしてあげてください。
ご供養については直接的なお供えや、お経などを称える事のみではなく、日常の生活のなかで良い事を心がけ悪い事を慎む事にも功徳と言うものがあり、そうした功徳をも「亡き子のために良い事をします」と思う(回向)事によって、生まれ変わった後(四十九日忌以降)も、例えば新しい生活での環境が良くなっていくというような形でその子のためになってゆきます。
悲しみは癒え難いですが、長く悲しみ悩む事よりも、明るく感謝して来世での幸せを願ってあげる事が一番の供養になります。



御遺骨について

ご遺骨は四十九日の間は仮祭壇(白木祭壇)でのお祭祀りをし、ご自宅で生前よく居た場所か、粗末にならない場所に、お位牌と共に安置し、食べ物とお水、できればお線香をお供えしてあげてください。
決して、お仏壇や神棚には安置しないで下さい。
納骨の時期に、特に決まりはありませんが、四十九日忌(満中陰)を区切りとして、納骨を考える事ガ良いでしょう。
四十九日忌後も、百箇日忌、一周忌、三回忌という区切りがあります。
当寺では下記の三種類の方法をご提案させていただいております。

【納骨】
仏さまの土地である当寺境内の動物納骨堂「佛性苑」にて御遺骨を安置いたします。


動物納骨堂「佛性苑」 祭壇 納骨堂内部

1)特別納骨棚(大)→月額4,000円

2)特別納骨棚(中)→月額2,000円


観音像【埋葬】
埋葬は上記「佛性苑」地下の埋葬室に合同埋葬いたします。
当寺でご葬儀をされた方、及び佛性苑に安置されていた方に限らせていただきます。
合同埋葬料:13,000円(塔婆料を含む)



ワンハートストーン設置例【手元供養】(ワンハート・ストーン)
御遺骨をご自宅でお祀りなさりたい方には「ワンハート・ストーン」をお勧めしております。
ペットの種類毎に自然石を手彫りで彫刻したお墓で、各犬種の他、猫や兎もあります。
また、お写真から制作することもできます。
ご自宅の室内でもお庭でも、当寺の境内でもお祀りしていただけるペットのお墓です。
内部が空洞になっており、御分骨をお収めすることができます。当寺で実物をご覧いただけます。
詳しくは「ペットのお墓」のページをご覧ください。


祭壇葬儀 | 炉前葬儀 | 自宅葬儀 | 四十九日の祀り方 | 納骨供養 | ペットのお墓 | ペット供養寺院紹介

当サイトで使用されている画像、文章はすべて無断転載・転用禁止します。
Copyright (C) 2007 JOUFUKUJI. All rights reserved.