今月のことば

令和二年七月のことば

 百人千人なれども 一つ心なれば 必ず事を成す 異体同心事 少人数であっても、異体同心になって突き進めば、大事を成し遂げることができます。 逆に大人数でも、同体異心であれば、何事もなし得ません。 私た ...

令和二年六月のことば

草木は雨ふればさかう 人は善根をなせば必ずさかう 上野殿御返事 草木は雨が降れば元気になり、よく育ちます。 同じように、日常生活で善行を重ねていけば、必ずその人や家は栄え、果報をもたらします。 ご先祖 ...

令和二年五月のことば

一切の善根の中に 孝養父母は第一にて候  窪尼御前御返事 すべての善行の中で、父母に孝養を尽くすことは第一に大事なことです。 孝養や供養の方法は様々ですが、いずれも法華経に依るものでなくては、仏さまの ...

令和二年四月のことば

日蓮一人はじめは南無妙法蓮華経と唱えしが 二人三人百人と次第に唱え伝うるなり 緒法実相抄 この御書は文永10年(一二七三)5月10日、日蓮大聖人が52歳の時に佐渡にて最蓮房に送られたものです。 最蓮房 ...

令和二年三月のことば

令和二年三月 世末になれば人の智は浅く 佛教はふかくなることなり 報恩抄 この御書は、大聖人が55歳の時の身延山での著作で、死去した清澄の旧師・道善房に対する報恩感謝・追善回向のために撰述し、兄弟子で ...

Copyright© 法立山常福寺 , 2020 All Rights Reserved.